おもしろ保険、日本でもユニークな保険が登場しています。

保険と言えば、一般的には病気や事故に備えたものを思い浮かべますよね。
最近では、日本でも少額短期保険の登場もあり、内容も様々ですよね。

ペットが病院にかかった際の費用を補償するペット医療保険やコンサートなどに急に行けなくなった場合のチケット代金を補償するチケット保険、妊婦さん向け医療保険などを耳にしたこともあるのではないでしょうか。

ネットでもペット保険の宣伝を目にすることもありますし、チケットを購入する際にチケット保険の案内を目にしたことがあるかもしれません。私達の周りには色々なリスクが存在し、それを補償する保険も色々あるのです。

中には、ジョークではないかと思うような保険もあります。
海外では、日本に比べるとリスク管理意識が高く訴訟なども多いため、色々なユニークな保険があるようです。「なるほど、そういうお国柄だものね。」と思うものもあります。

女優さんが目や脚に保険をかけたと言う話題を耳にしたことはありませんか?
それだけで話題性があり、その人の魅力を象徴しているとも言えますよね。
イギリスでは、「胸毛保険」があるそうです。イギリスでは胸毛が男らしさの象徴というお国柄とは言え、胸毛にまで保険を掛けるのには驚きますよね。

「宇宙人に誘拐されたときの保険」「幽霊保険」にも驚きです。
実在するかどうかも証明されていないのに、それに対して保険まで作ってしまうなんて日本では考えられませんよね。
しかも、「宇宙人に誘拐されたときの保険」は実際に適用されたこともあったと言います。
と言うことは、「宇宙人は存在する」と保険会社が認めたということですよね。
あなたはどう思いますか?

「ワールドカップ休業保険」「トラウマ保険」はスポーツに関係した保険です。ワールドカップに自国が出場した翌日に社員が欠勤したら補償対象になる「ワールドカップ休養保険」に、ワールドカップで自国が敗退したことによるトラウマを補償対象にした「トラウマ保険」。
どちらもスポーツを愛する気持ちが深いお国柄ということですね。日本では、ここまでスポーツに対する強い思いも保険もないと思います。

私達がジョークと思うような内容の保険でも、その国や加入者にとっては真剣でしょうし、こだわりがあるということでしょうね。
人は感じ方、考え方も色々ですから、そのリスクに応じた保険が色々あってもおかしくはないのかもしれませんね。

胸毛、ワールドカップ…宇宙人にまで!世界のユニーク保険10選

もしものときに備える保険。一般的には事故や病気に備えたものが多いが、リスク管理意識が高く訴訟なども多い海外には「え、こんなものにまで?」というようなユニークな保険がある。日本でも最近は少額短期保険の登場で珍しいものも増えてきた。世の中のあらゆるリスクが保険になると言ってもいい時代。今は発売してないものもあるが、話題となった世界のおもしろ保険を紹介しよう。

■胸毛保険

 イギリスの保険会社が販売している「胸毛保険」。その契約内容とは「偶然のアクシデントで胸毛を失った男性に最高100万ポンド(約2億円)を支払う」というもの。調査員2名が「胸毛の85%をなくしている」と認定する必要があるそうだ。
自然に抜けた場合など、支払われない条件も細かく設定されている。有名人などがヒゲや胸、足などのパーツに保険をかけたことは時々話題となるが、胸毛が男らしさの象徴でもある国ならではの保険だ。

■宇宙人に誘拐されたときの保険

 イギリスの保険会社より発売された「宇宙人誘拐保険」。宇宙人に誘拐されたり、食べられたり、妊娠させられてしまったりした時に補償するという、何ともビックリな保険である。150ドルの掛け金で100万ドル以上という高額補償金も話題となり、発売当時は3万人ほどが加入していたとか。実際に適用されたケースもあったという。しかし、加入していたカルト教団が集団自殺するという事件が起こり、それ以来この保険の取り扱いが中止された。アメリカにも同様の保険が存在する。

■幽霊保険

 宇宙人の次は幽霊!? 宇宙人誘拐保険を販売しているイギリスの会社では「幽霊に襲われたときのけがの治療費を補償する」という保険もある。幽霊を信じる人が多いと言われる、イギリスならではの保険。ただし証明するのが大変な気も。
「宇宙人保険」同様、どんな小さなリスクでも排除したいとする富裕層のための保険といえるだろう。

■お天気保険

 せっかくの旅行でお天気が悪いとショック! そんな時に補償してくれる保険がこれだ。通称「お天気保険」といわれる「天候デリバティブ保険」。旅行先で降雨にあった場合、旅行代金を還元するサービスだ。日本の保険会社でも取り扱っており、3時間、6時間、10時間(海外旅行は10時間のみ)のプランがあり、旅行会社を通して申し込むことができる。

■ワールドカップ休業保険

 オランダではサッカーのワールドカップ(W杯)でオランダ代表の試合当日と翌日、欠勤した社員がいた場合には会社に保険金が支払われるという保険がある。なんでも「ユーロ2004」の大会時に20%もの人が会社を欠勤して経営者を悩ませたため、生まれた保険だという。サッカー強豪国ならではの保険といえるだろう。

■トラウマ保険

 サッカーの母国イギリスでもこんな保険が存在した。サッカーのイングランド代表がW杯予選リーグで敗退したことによるトラウマに備えた保険だ。リーグ敗退した場合、専門家が「想定外の敗退」かどうかを審査し、トラウマで苦しんだという医学的証明ができれば補償してくれる。実際に2006年のドイツ大会で、ある男性がこの保険を105ポンド(約2万円)の保険料、100万ポンド(約2億円)の補償という条件で契約したが、この時は予選敗退しなかったので、保険金が支払われることはなかったという。さすがフーリガンで有名な国だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA