ニッセイが出した不妊治療サポート保険、5000件売れる

日本生命保険が2016年10月に発売した国内初の不妊治療サポート保険「ChouChou!」の販売件数が5,000件に到達しました。
不妊治療に関する保険が解禁されてから、なかなか参入する保険会社がなく、日本生命保険が販売を発表した時から注目していました。

しかし、テレビコマーシャルを見ただけでは、正直不妊治療サポート保険とはわかりにくいと感じていました。
約1年経過し販売件数が5,000件と言うのは、個人的には評価できるのではないかと思います。
保険の加入対象が若い女性に限定されることを考慮すれば、それなりの実績なのではないでしょうか。

不妊に悩み、治療を受ける女性が増加している中、不妊治療には高額の費用がかかることを考えると、保険で費用面のサポートが受けられるのはやはり魅力があるでしょう。
特定不妊治療を受けた場合には、最大で12回給付金が受けられるのは、治療を続けるのに心強いのではないでしょうか。

また、不妊治療の保障だけではなく、がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病や死亡時に300万円の一時金が支払われる上、支払いが無ければ最大200万円の満期保険金が支払われます。
何らかの形で保険金を受け取ることができるのは、男性に比べて掛け捨て型の保険を敬遠しがちな女性にとっては魅力的に感じるとも考えます。

ニッチな保険商品は今後も増加するのでは?

今回の「ChouChou!」のようにニッチな商品は今後も増えていくでしょう。
家族構成や働き方、趣味などあらゆる面で多様化している現代社会において、ニーズも様々になってきています。
そのニーズに応じてニッチな商品開発・販売が、低迷する国内での保険会社の生き残りを左右してきます。

女性を対象にした保険では他にも 妊娠中の方でも入れる医療保険 なども登場しており、個性の時代だからこそ、今後は保険も個性的になっていくのが流れなのではないでしょうか。

(以下はニュース記事からの抜粋)

日生、不妊治療サポート保険の販売が5000件

日本生命保険が2016年10月に発売した国内初の不妊治療サポート保険「ChouChou!(シュシュ)=商品ロゴマーク」が堅調な売れ行きを見せている。若い女性だけが加入対象というニッチな商品ながら、販売件数が5000件に到達。「特に20代後半の加入者が多い」(日生)という。

同保険は特定不妊治療を受けた際に、最大12回給付金が受けられる商品。妊
娠・出産の支援に注目が集まりがちだが、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病や死亡で一時金300万円を支給する。

支払いが無ければ、満期時に最大200万円受け取れるのも特徴。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA